HOME>イチオシ情報>解体業者はどの程度の規模の会社が良いのか

中規模以下の解体業者が大半

解体工事

神奈川では建物の再建築や駐車場にするなど土地の利活用のために解体工事で更地にする需要が増加しています。とはいえ解体工事などは滅多に利用することがないのが一般的でどの業者に依頼するべきか迷う場面が多いのではないでしょうか。素人では対応できないものと、業者任せにしておくと後日、想定外のトラブルに巻き込まれることもあるので業者選びはとても重要です。解体業者を選定するときには、10人以下の従業員で運営する小規模事業者か、数十名までの中規模業者のどちらかに依頼するのが大半です。とりあえず重機を所有しトラックで廃棄物を中間処理場まで搬出できる能力を備えていることがポイントになります。

建設リサイクル法を順守

解体工事

神奈川を初めとして解体工事を進捗するについては、建築リサイクル法の適用をうける工事であることを認識する必要があります。床面積80平米以上の家屋を解体工事するには、可能な限り分別化遺体を実施し不法投棄を防止するべく解体工事の着手前7日までに所定の申請書類を管轄自治体に提出する必要があります。本来は依頼者が届け出ることになりますが、実際には解体業者が代行するのが一般的です。業者選定の際には建築リサイクル法の届出の代行も依頼できるのかを確認する必要があります。

広告募集中