HOME>特集>これから工事をする場合にはどのような特徴があるのか

事前にやっておく事は

解体工事

これから神奈川県で解体工事をしたい場合には、事前の準備として何をしておいたらよいでしょうか。準備の1つは、水道やガスそして電気を止めることです。これらが止まっていなければ、大きな問題が生じるでしょう。例えば、水道が止まっていない場合には水道管を壊したときに水が溢れています。水道管の場合はまだ良いですが、電気の場合は漏電して火災の恐れがあります。またガスの場合は、ガス爆発する恐れがあり近所に多大なる迷惑を及ぼしてしまうでしょう。当然工事業者も確認をするかもしれませんが、そもそもこれらが止まらないうちは、工事をすることができないため注意が必要です。

最近は静かに工事をしている

解体工事

神奈川県で行う解体工事と言えば、大きな音が出る心配があるかもしれません。確かに住宅を建築するときに比べると、大きな音が出やすいと言えるでしょう。しかし、昔と異なり解体業者も近所迷惑を考えて音の出ないような工事をするようにしています。その結果、工事自体は静かに行われているのが特徴です。また、ほこりなども出にくいようにしています。解体工事をすれば当然ほこりがたくさん出ますが、水を撒きながら行うため近所の洗濯物等に埃が付く事は考えにくいでしょう。それ以外でも、振動が出ないように工夫しながら工事を行っていきます。

広告募集中