事前の手続きを確認しよう

重機

神奈川県で解体工事をするとなれば、様々な手続きが必要になります。大抵の場合は、工事外車の方で行ってくれますが、不動産の所有者が行わなければいけないこともいくつかあるでしょう。そのうちの1つが、ガスや水道あるいは電気を止めることです。もしガスや水道あるいは電気を止めずに解体作業した場合、火災等が発生するか水浸しになってしまう可能性があります。当然解体工事をする前の段階で業者のほうはそれらが停止してあるか確認しますので、実際に爆発などが起きる事はないでしょう。しかし、いざと言うときのことを考えれば、やはり家主がしっかりと止めておくべきです。最悪の場合には、工事が遅れてしまうでしょう。

建物によって料金が異なる

解体工事

神奈川県で解体工事業者に解体を依頼する場合の特徴ですが、1つは料金の特徴が考えられます。料金は、建物の種類によって大きく変わってくるでしょう。基本的に1番解体しやすいのは、木造の住宅や建物です。重機などを使っても比較的簡単に解体することができるため料金は安い傾向にあります。これに対して、鉄筋コンクリート住宅などの建物は、解体するのに時間がかかってしまうでしょう。そのため、料金も高めに設定されています。その中間に位置するのが、鉄骨住宅です。重機を使わなければならない点は他の解体と共通していますが、鉄筋を外す手間がある一方で、それ以外の部分は木造住宅と同じ手間になるため、鉄筋コンクリートよりは料金がかかりにくいです。

工事の流れを見ておこう

解体工事

神奈川県に建物がある場合、それを解体するとすれば、一体どれぐらいの時間がかかるでしょうか。建物の大きさにもよりますが、一戸建て住宅ならばわずか数日で解体工事を終えることができます。手順としては、まず重機などを用意することです。重機を用意する場合交通量の激しいところならば、警備員を雇わなければいけません。警備員は2人ぐらい必要になるところです。場合に建物がある場合には、足場の設置が難しいこともありますが、よほど建物と建物の間が狭くない限り、足場の設置は可能です。準備ができたら、解体工事を行いますが、振動等が出ないように注意深く行っていくのが特徴と言えるでしょう。解体工事をするにあたり、粉じん等が出る恐れもあります。この場合には、粉塵をなくすべく水を撒きながら工事をしていきます。雨が降った場合には延期されることもあるため、9月の終わり頃や梅雨の時期などは通常よりも時間がかかることが考えられるでしょう。

広告募集中